カードローン相談

MENU

闇金融の取り立てについて

闇金融で借り入れを実施してしまった場合には、どの様な取り立てが行われるのでしょうか。業者は借り入れ者が嫌がることなら何でもします。高額な返済を要求してそれが断られれば、強硬な手段に出るはずです。

 

借り入れ者の多くは、借り入れ事実を他人には知られたくないと考えます。そこに付け込むのが闇金融の取り立て手口です。職場へ債務取立ての電話をすると脅してくることでしょう。もちろん実際にその様な行動に出るのは稀です。相手を心理的に動揺させ、返済を実施させるのが業者の良くある手口です。業者の言葉に翻弄されないために、強い意志を持って接することが重要です。

 

業者の言いなりになり返済を実施すれば、良顧客と認識されてしまいます。そうなれば、骨の髄までしゃぶられることとなります。一度目の取り立てで毅然とした態度をとられれば、その後も付き纏う可能性は低いです。闇金融で借り入れた事実が判明しても、過度な恐怖は禁物です。冷静に対処できるよう心掛けましょう。

 

たしかに闇金融は様々な脅しをかけて、相手を揺さぶります。しかし、そこでの発言内容を実際に行動に移せば、警察のお世話になることを向こうは分かっています。取り立ては心理戦でもあるため、相手のペースに飲まれないよう注意が必要です。

・借りてしまった闇金融の解決には
闇金融返済の相談は弁護士へ