カードローン相談

MENU

借金問題を解決する債務整理の知識

借金で困っている人が生活を再建させるために債務整理という方法があります。債務(借金)を整理する方法の総称で、いくつかの種類があります。
任意整理は公的機関を通さずに交渉して借金を減額する方法です。

 

任意整理によって減額されるのは払い過ぎている利息の支払いが免除されるためで、元金の返済業務がなくなるわけではありません。任意整理をしても返済できる見込みがない場合には民事再生や自己破産が必要です。

 

民事再生は地方裁判所に申し立てをすることで行われる手続きで、元金を大幅に減額することができます。任意整理を行ってもまだ返済しきれない場合でも、民事再生なら無理のない返済計画を立てられる場合もあります。家などの財産を手放さずに済みますが、住宅ローンの支払いは免除されません。

 

自己破産をすることによって借金は帳消しになります。自己破産をすると家や車などの財産を手放さなくてはなりませんが、借金超過で苦しい生活から抜け出して生活を再建させることができる制度です。

 

また、払いすぎた利息を返還請求できる過払い金返還請求という手続きもあります。 それぞれの方法にメリットやデメリットがあります。事情によってどの方法が相応しいのかは変わりますので、まずはご自分の状況とそれぞれの方法の特徴を把握して決めることが大切です。

 

弁護士や司法書士などの専門家に相談することで、簡単で確実に債務整理をすることができます。

 

・解決のためにはまずは相談をしましょう。
債務整理の無料相談で解決をする